読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#QEDメモ

岡山のヘタレゲーマーのチラシの裏

新世界樹の迷宮Ⅱ低レベルボス攻略 その9

SSQ2低レベルボス攻略

炎の魔人は僕らに大切なことを教えてくれました。それは節約です

 
f:id:qed-st-gr:20160806005539j:image

 

第二階層最後の敵・炎の魔人はこんな感じのやつです

 

全体に混乱を付着させる狂乱の咆哮前列のみを狙う拡散する近接壊属性攻撃の悪夢の抱擁後列のみを狙う遠隔炎+物理属性(壊?)攻撃の極炎撃を使います

 

また、HPが一定の割合まで減るとターン終了時にフレイムキューブを1-2体召喚し、その3ターン後に全体遠隔炎属性攻撃の炎の王を使ってきます このときにフレイムキューブが生き残っていると全体遠隔炎属性攻撃の大爆炎で自爆します

 

フレイムキューブの召喚は合計3回ですが、2回目以降は召喚した次のターンに霧散の暴虐でこちらの物理・属性攻撃力を下げてきます

 

炎の魔人の行動パターンはほぼ完璧に固定されていて

 

最初のターン:狂乱の咆哮

HPが80%を切るまで(切るとターン終了時にキューブ召喚):通常攻撃→悪夢の抱擁

1回目のキューブ召喚時:(通常攻撃or悪夢の抱擁)*2→炎の王

HPが50%を切るまで:極炎撃→通常攻撃→悪夢の抱擁

2回目のキューブ召喚時:霧散の暴虐→通常攻撃or悪夢の抱擁or極炎撃→炎の王→狂乱の咆哮

HPが20%を切るまで:極炎撃→通常攻撃→悪夢の抱擁

3回目のキューブ召喚時:霧散の暴虐→通常攻撃or悪夢の抱擁or極炎撃→炎の王→狂乱の咆哮

それ以降:極炎撃→通常攻撃→悪夢の抱擁

 

となっています キューブ召喚時以外は完全固定です

 

3回飛んでくる炎の王+大爆炎はペットの究極がまんで防ぎます というわけでまずペットを3匹 狂乱の咆哮はフクロウのピアスで予防

それ以外の攻撃は隊列をいじりながら対象を固定させてみがわりなしで後攻ネクタルで凌ぎます 例えば悪夢の抱擁なら前列を、極炎撃なら後列を1人だけにすればみがわりをしなくてもその1人を確実に蘇生させられます

 

後攻ネクタルで凌いでるだけだと確実にネクタルが足りなくなります 節約が大切ってのはこういうことなんですよ

そこで、ペットでフォースブーストして防御、レンジャーでフォースブーストして回避なども使ってネクタルを節約します 因みにフォースブースト状態のペットで防御すれば通常攻撃+悪夢の抱擁をギリギリ耐えます

 

まあそういうわけでパーティ構成はペット3レンジャー2になりました 

 

f:id:qed-st-gr:20160806004931j:image

 

戦術確定後1回 100ターンかかりました

フォースブーストをフル活用してネクタル節約したのに57個を全て使いきったときはとても焦った

残り3枠はアムリタ2獣避けの鈴1だったんですが先に述べた通り悪夢の抱擁と極炎撃は隊列をいじれば対象を固定させられるのでみがわりを使う必要がありません 通常攻撃も全てみがわりで吸うわけでもないからアムリタはいらないです

 

 

次からはいよいよ第三階層 目玉とゼラチンと狼は倒すプラン立ってますがそれ以外が厳しい てか狼も怪しい

 

記念すべきその10は目玉かゼラチンをなんの面白味もなく攻略していきます