読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#QEDメモ

岡山のヘタレゲーマーのチラシの裏

新世界樹の迷宮Ⅱ低レベルボス攻略 その14

SSQ2低レベルボス攻略

f:id:qed-st-gr:20160819004442j:image

 

ようやくコレが終わりました

 

アラクネー攻略にあたって何より厄介なのは毒の沼です

 

毎ターンダメージを受ける上そのダメージがどんどん増えていきます 2回目以降はダメージが20を超えるのでネクタルで蘇生させてもターン終了時に即死にます

 

短期決戦を狙いたいところですが、こちらはグリモアがほとんど使えない低レベルに対し相手はHP10200です 意味がわかりません

 

というわけで、今回はバステと縛りを駆使して毒沼を展開させない方針でいきます

 

まず構成ですが、レベル3のカスメ2人とバードから転職したレベル5のガンナーを3人

カスメをレベル3まで上げたのは封の呪言:頭肢を使うためです

ガンナーはフレイムショットをレベル5まで上げるためにこうなりました バードから転職することでTPを確保します

 

アラクネーはまず

 

(先手→)通常攻撃→ポイズンバイト→通常攻撃→毒沼→シルクスピット→通常攻撃→ポイズンバイト(毒沼消滅)

 

と動きます

 

これに合わせてみがわり後攻ネクタルをしたり軟身の呪言とブレイバントをかけたりしつつフレイムショットで削っていきます

 

因みにポイズンバイトは前列を2人にして右側のキャラでみがわりさせれば犠牲を1人に抑えれます

 

2回目にポイズンバイトを使った次のターンは毒沼を再展開してくるので至高の魔弾でスタンさせ、カスメで麻痺か混乱か頭封じを付着させます 付着させたらフォースブレイクで延長 僕はここで麻痺を選びました

 

麻痺が切れたらまた至高の魔弾でスタンさせて頭封じか混乱を付着させ、フォースブレイクで延長 僕は頭封じを選びました

 

と、こんな感じにスタンさせている隙にバステか封じを付着させて削る、をガンナーが3人いるので3回繰り返します

 

因みにバステ及び封じが切れるターンに毒沼展開以外のスキルを使用することがあります 特にポイズンバイトは使用前に予告が出ます その場合は至高の魔弾によるスタンは必要ありません

 

毒沼のダメージですが、1回目は10とちょっとです バードから転職したガンナーはHPが46あるので確定で3回耐えます カスメ2人にも狂眼の杖(HP+30、TP+30)を持たせればHPが60まで上がるので余裕を持って耐えます 回復は現時点で3つまで使えるソーマで行います

 

2回目はダメージが10程度上がります 先述した通りここからダメージ量がネクタルの回復量を上回ります カスメは2回耐えますがガンナーは怪しいので場合によっては防御してダメージを軽減します

 

3回目は更に10ほど上がります ここまできたら負けです

 


f:id:qed-st-gr:20160819011754j:image


f:id:qed-st-gr:20160819011806j:image

 

疲れました

 

ほとんど毒沼展開にしか触れてませんがシルクスプレッドはかなりヤバいです 普通に全員ワンパンされます まあバステと封じがあるから打たれないんですが

 

尾針はHPが赤になると使ってきます おそらく2回目の毒沼展開中に使ってくることになると思うので留意しておきます

 

動画があるとわかりやすいんですが倒したとき撮ってなかったし再戦は嫌なのでなしで

 

次はエスバットです レベル上げます